不貞行為の証拠と携帯メールやLINEがNGな理由って?

不貞行為の証拠にならない?
携帯メールやLINEはダメって知ってますか?

 

もしも浮気を疑ったら、あなたはどこから調査を始めますか?
たぶん皆は携帯電話の中味をはじめて覗き見ようとチャレンジされるでしょう。

 

なにせ、現代の浮気原因は大要所が携帯電話に依存していますから、
その中味さえ確認できれば、浮気に関する多くの一報を手に入れられます。

 

その中でも、更にLINEをはじめと始めるSNS無料は重要なポイントだ。

 

近頃では浮気相手とのTELは元々、浮気相手を捜すためにも利用できるので、
どうもLINEの中味を見たいと考えている方も多いハズ。

 

しかし、もしも勝手に先方の携帯電話の中味を覗いてしまうと
不貞行為の証拠として認められないばかりか、余りに度が過ぎると非合法実践として
反対に訴えられるケースも多いです

 

しかし、現実には皆がそのことを知らずに、先方の携帯電話の覗き見を続けている。
携帯電話を勝手に操作し、LINEの中味を覗いた例、非合法実践として相手から訴えられる

 

仮に、相手の許可なく携帯電話を覗き見た例、次の法律に該当始める

 

 

プライバシーの侵害

 

携帯電話の中味を覗き見ると、私法における「プライバシーの侵害」に該当始める

 

プライバシーの侵害とは、すなわち個人が所有する他人に見られたくない
グランド(プライバシー)を侵害なる実践であり、これを理由にした補償が認められています。

 

ただし、補償のを行ったとしても、どっちみち10万円以下となるので、
損害賠償を入れ替わる率としては極端に悪いはずだ。

 

 

携帯電話を奪う・盗みだしたデータでは不貞行為は証明できない?

 

携帯電話を力ずくで奪い取ったり、データを盗み出した証拠は裁判所では認められない

 

 

暴力を用いて携帯電話を取る

 

相手の携帯電話を暴力を用いて必ず奪い取ってしまっては、
何とか得た証拠も裁判所では使い物になりません。

 

例えば過去の判例において、暴力によってパパから携帯電話を奪い取った妻が
裁判所を起こした事後、携帯電話の中から出てきた
浮気の証拠が認められなかったケースがありました。

 

この裁判所では最終的に「人権を捨て置き、肉体的拘束や暴力など、
明らかな反社会的実践によって得られた証拠は、その威力をリジェクトください」
という判決が下されて要る

 

相手の人権を侵害し、暴力によって証拠を割り出すことがいかに危険なのかは、
自白の強制などによって生じる異変を思い浮かべてもらえば詳しいハズ。

 

民事は刑事ほど厳しくはありませんが、それでも証拠威力がなくなる場合があります。